散歩代行/ペットシッター

散歩代行/ペットシッター

散歩代行/ペットシッターの解説・評価

簡単度 ★★☆☆☆
稼げる度 ★★★★☆
安心度 ★★★☆☆

散歩代行/ペットシッターとは

ペットシッターとは飼い主が旅行などで空けなくてはいけなくなった時、その期間内ペットを預かり世話するお仕事を指します。
早朝の散歩、夕方の散歩など散歩のみを代行する仕事もあり、世間では散歩代行と呼ばれます。

「ペットシッターって誰にでもできるの?」と思う方も多いと思いますが、アルバイトとして働く方法とプロとして働く方法があるため自分に合った働き方をできます。

アルバイトであっても時給は2,000円ほどと悪くなく、お金をもらえるどころか動物を触れ合うことで癒され普段の生活を忘れることができます。
しかし動物が好きな人であれば誰にでも勤まるというわけではなく、資格と体力、正しい知識と技術が必要になってきます。

散歩代行/ペットシッターのメリットについて 散歩代行/ペットシッターのメリット

  • ペットと触れ合うことが仕事なので動物好きに最適
  • 早朝の散歩などで生活習慣が自然と良くなる
  • 需要が拡大しているので職を失う心配が少ない

散歩代行/ペットシッターのデメリットについて 散歩代行/ペットシッターのデメリット

  • プロとしてやっていくには資格が必要
  • 動物を相手にするのでイレギュラーがつきまとう
  • 体力、精神的に向き不向きがハッキリとしている

散歩代行/ペットシッターを始めるには?

Step1:資格を取得する 資格を取得する

アルバイトとして雇ってもらう方法もありますが、最もオススメなのは資格を取得し自らがプロのペットシッターとなることです。
以下の内一つでも取得しておけば大丈夫です。

  • 獣医
  • 公認訓練士
  • 愛玩動物飼養管理士
  • グッドシチズンテスト
  • 家庭動物販売士

Step2:飼い主からペットのライフスタイルを聞く 飼い主からペットのライフスタイルを聞く

ペットごとにライフスタイルがあり、ペットシッターとして働くからにはそれを汲み取る必要があります。
飼い主からペットを引き取る際にはペットに関する全ての情報を出来る限り引き出しましょう。

Step3:記録をつける 記録をつける

代行業の途中、自分が行ったお世話とペットに起きた異変は一部始終その時間と内容を記録する必要があります。
飼い主に報告するために必要なのためと、ペットシッターとして自衛をするために必要になってきます。

Step4:飼い主に引き渡す 飼い主に引き渡す

予定されていたタイミングで飼い主にペットを引き渡します。
当初の予定よりも長くペットを引き取ることになったのであれば、その都度延長料金が発生する旨をしっかりと伝えておきましょう。

Step5:散歩代行業は副業でも可能 散歩代行業は副業でも可能

ペットシッターではなく、散歩代行業であれば十分副業としてやっていくことが可能です。
インターネット上でサイトを設立することができればそこから募集をかけることで常に空き時間を利用してお金を稼ぐことが可能です。

散歩代行/ペットシッターの口コミ・体験談

30代主婦の体験談 30代主婦

専門学生の頃に取得した家庭動物販売士の資格を利用してプロのペットシッターとして働いています。

一応本業は主婦業としているので副業です。

私には娘がいるのですが、多くの動物と触れ合うことで感性豊かな子に成長してくれたような気がします。

40代主婦の体験談 40代主婦

最初はアルバイトとして始めたペットシッターでしたが、自分の性に合っていると感じたので資格を取得して今ではプロのペットシッターとして開業しました。
事業は今のところ順調に進んでおり、おかげさまでお得意さんもつきました。

月に20万円稼ぐのも遠い話ではなさそうです。

30代会社員の体験談 30代会社員

友達にペットシッターの副業をしているというととても驚かれます。

男がペットシッターとして働くことがどれほど珍しいことなのかは知っているつもりです。
ですが動物とペットシッターの魅力を知ってしまったらやめることなんて絶対にできません。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*