LINEスタンプ

LINEスタンプ

LINEスタンプの解説・評価

簡単度 ★★★★☆
稼げる度 ★☆☆☆☆
安心度 ★★★★☆

LINEスタンプとは

今や誰でもLINEはスマホに入っていてコインを購入したりスタンプを購入した経験があるのではないですか?

LINEスタンプとは、無料でダウンロードできる人気コミュニケーションアプリである『LINE(ライン)』で使われる絵文字のようなイラストスタンプです。
そのLINEで使われるスタンプを作成し、販売して報酬を得るネットを媒体とした時代に合った新しいビジネスです。

LINEスタンプは著作権を持つ法人やクリエイターの制作したものが一般的には人気ですが、クリエイターズスタンプとして個人の作成と販売も許諾されています。
自作したLINEスタンプが人気を集めて、大きな収入源になるという話は近年話題となっており珍しくありません。

しかしLINEの普及が進み、LINEスタンプの作成者は増えているため競争者が激しい副業でもあります。大きな利益を得られるチャンスが減ったのは確かですが需要が減ったわけではありません。
誰にでもLINEスタンプを作成して販売するチャンスがあり、販売開始するのが簡単なため今でも人気の副業として知られています。
作り方も簡単なため、オリジナリティあるLINEスタンプを作成することができれば大きくお金を稼ぐことができます。

LINEスタンプのメリットについて LINEスタンプのメリット

  • 自宅で全ての作業を行える
  • 誰でも儲けられる可能性がある
  • 人気が出れば一攫千金のチャンスがある

LINEスタンプのデメリットについて LINEスタンプのデメリット

  • 販売までの審査ハードルが高い
  • 審査の期間が長くなる事もある
  • 参入者が多いため利益を出し難い

LINEスタンプを始めるには?

Step1:LINE Creators Marketに登録しよう LINE Creators Marketに登録しよう

  • メールアドレス
  • LINEのアカウント
  • 基本的な個人情報

Step2:銀行口座を用意しよう 銀行口座を用意しよう

  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • 三菱東京UFJ銀行

Step3:LINEスタンプを作成しよう LINEスタンプを作成しよう

  • GIMP
  • Krita
  • FireAlpaca

Step4:LINEスタンプの詳細情報を入力しよう LINEスタンプの詳細情報を入力しよう

  • スタンプ詳細
  • 販売者情報
  • 販売エリア
  • クリエイター名
  • コピーライト
  • 販売エリア

Step5:LINEスタンプの画像を登録しよう LINEスタンプの画像を登録しよう

  • フォーマット:PNG
  • メイン画像サイズ:W240×H240 pixel
  • スタンプ画像サイズ:W80~370×H80~320 pixel
  • トークルームタブ画像:W96×H74 pixel

LINEスタンプの口コミ・体験談

20代主婦の体験談 20代主婦

子供が生まれたばかりなので、家の中での生活が中心になっています。

小さい赤ん坊がいるので仕方がない事ですが、何もしないのは精神衛生上よろしくありません。
だから子育てをしながら楽しめる趣味を探す事にしました。そして見つけたのがLINEスタンプの作成と販売です。

作ったLINEスタンプを多くの人に使って貰えれば嬉しいし、税金の支払いや家計の足しになればと思って始めました。
申請した全てのLINEスタンプが良い結果を出したわけではありませんが、トータル的にかなりの売上になっていて良い収入源になっています。

特に私が書いた中では日常系のカテゴリーのものが評判が良いため、今後も主婦生活を参考にしながら日常系スタンプを書いていきたいと思います。

40代会社員の体験談 40代会社員

デザイン系の会社で働いているのですが、ここだけの話、あまり給与所得が良くありません。
世界全体の経済の先行きが不透明なので、かなり現状に危機感を抱いています。

だから終業してからでも稼げるLINEスタンプの作成に手を出してみる事にしたのです。

幸いな事にデザイナーとしての経験が活きる副業なので、私にもチャンスがあると思いました。
細かいルールにうんざりする事もありますが、副収入としては申し分ない金額を得ていますし確定申告も面倒じゃないので今後も副業としてLINEスタンプの制作を続けたいと思います。

20代学生の体験談 20代学生

ある時、僕は副業に興味を持ちました。
普通にアルバイトして稼ぐ事よりも、特別なやり方で儲けた方が格好いいと思ったからです。

しかし投資系に手を出すのはリスキーなので、漠然とした不安があります。だからLINEスタンプの販売にチャレンジしてみました。

LINECreatorsMarket(クリエイターズマーケット)で購入してLINEスタンプを実際に使っている私は、ユーザーの気持ちが分かるし失敗してもダメージを受けないからです。
有名なクリエイターではなく、私の様なユーザー目線で作成した方が良い結果を出す事もあり得るので、LINEスタンプによる副業は魅力的だと思います。

現在、公務員を目指して猛勉強していますがLINEスタンプは確定申告や源泉徴収も問題なさそうなので就職後も続けていきたいなと思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*